ささみちゃんのポンコツ日記

日常生活で起こるポンコツエピソードを書いてます

【転職活動】カテゴリー3記事目で終了!?

転職のつらさを つらつら書き溜めようと作った【転職活動】カテゴリー。

 

数か月ぶりにPCを開いてあれこれ作業して、ふと はてなブログの存在を思い出した。

ブログを始めたころはお気に入りバーに置いて、記事を書かずとも他人の生活をのぞき見するかのようにブログサーフィンしてたというのに。

 

今日は久しぶりだからブログでも書いてみようかと思い、とりあえずカテゴリーを見た。転職活動……実はうれしいことにPCを開けていない間に新しい転職先が見つかったんだよね。転職のあれこれをメモする間もないくらい心に余裕がなかったせいでもあるけど、今書いているのが【転職活動】カテゴリーの3記事目。

 

次にこのカテゴリーを使うのは せめて数年後であってほしいと思う。

 

…私の人生で成功したイベントの一つがこの転職。

この話はまたいつか…

スタバメニュー一覧表

今まではワンドリンクに500円も払いたくないと思っていた(というより200円でも嫌)のにテレワークがカフェを利用するようになってからカフェドリンクを頼むことへの抵抗感が低くなった。

とはいえ、レベルは劣ろうとも家で作れるドリンクがほとんどなので、カフェ代を節約するためにもジェネリックスタバを自宅で作ることにした。

 

というわけでYouTubeを参考に作り方を勉強。

作るたびに毎度動画を見るのも手間なので、好みのドリンクメニューだけ一覧化してみた。

 

f:id:konnyaku_tarou:20220122132724p:plain

カフェメニュー一覧

 

 

 

 

手取り○○万円

時々Twitterで「子供二人シングルマザー年収200万」「勤続10年、手取り18万」っていうようなタイトル記事をみかける。

 

今日のTwitterでは「手取り14万。唯一のぜいたくは月一度の銭湯」とある。

 

 

私がこの類の記事を見るときに気になるのは毎月の収支と年間の臨時収支。

たいていの記事では家賃と手取りは書いてくれるけど詳細は見えない。

 

人によって手取りも違えば支出する項目も違う。

車がないと食糧すら変えない地域に住んでいる人、徒歩圏内にスーパー・コンビニ・病院がある人。

 

 

仕事のために必要なのであればある程度例外だけど、「年収14万。私は貧困だ」と叫ぶこの女性に↓を質問してみたい。

●サクサク動くインターネットって必要?→少し遅くとも我慢できる。

●ネイル・脱毛・カラーリングって必要?→みんながやってるからって理由でお金をかけてない?他人の視線を気にしすぎじゃないかな。

●化粧品にお金かけてない?→女性だと化粧をしなければならないって風潮があるけどお金をかけなくても整えられる。

奨学金を借りているのなら、繰り下げ返済や返済保留できないの?

●自炊or自炊より安くすむ外食してる?→寝る時間を確保することで精いっぱいで手取り14万ならその仕事はやめたほうがまし。

 

別に責めているわけじゃないけど、自分じゃ考え付かないけど節約できることってあるから周りの人が実践している節約術をこっそり聞いてみるのもいい。

 

 

【私が手取り16万だった頃の収支】

手取り       160,000

 

家賃         55,000

食費         25,000

光熱費(月平均)   10,000

奨学金        20,000

雑費          5,000

貯金または交際費など 24,500

通信費         4,500

交通費         5,000

洋服・美容(月平均)  8,000

保険          3,000

 

 

皆がつらい思いをしないで、ある程度自由に生活できる世界になってほしい。

「これはイメージです」の許容範囲は?

新聞広告、商品パッケージにちっさく書いてある「※これはイメージです」の文言。

 

ほとんどの場合は許容できる範囲だけど、時々、商品パッケージを開けて確認する前に「これは絶対にイメージとは違ってるものが入ってるやろ!」っていうときあるよね。

 

果汁入りドリンクは果汁100%かそうでないかで果物のイメージイラストの描き方に制約があるってことは聞いたことある。(伊藤家の食卓orトリビアでやってた)

 

まあ、口コミを見ることが当たり前になった現代では、イメージと違いすぎる商品が長い間スーパーに並ぶことはないだろうね。

 

婚姻届けの3つの指輪

結婚すると婚姻届けの「婚」「姻」「届」それぞれに指輪を重ねて写真を撮り、それをSNSに載せるのが幸せの証になるみたい。

 

ところで、結婚するのは2人、「婚」「姻」「届」に載せる指輪は3つ。

もやもやする。

 

指輪のうち2つはお互いの指輪を1つずつ出し合っているんだろうけど、残りの一つはどちらのなんだ!

二人の記念日なら婚姻届けの文字数に惑わされず2つor4つの指輪でバランスよくいい思い出を作りたい気持ちにならないのかな?

 

ちょっと疑問に思った眠い夜。

 

一応知恵袋で検索してみた。

3つのうち2つは互いの結婚指輪、残り一つは女性の婚約指輪らしい。

一般的には婚約指輪は男性から女性に贈るものなんだって。

私はてっきり婚約指輪ってお互いにつけるものだと思ってた。

(そういえば、「俺がいなくなって金に困ったらこの婚約指輪を売り払って生活してくれ…!」

っていうセリフを聞いたことがあるなぁ)

「a」を辞書で引いても恥ずかしくない

高校の時の英語の先生は60歳くらいのベテランだった。クラス内では比較的英語が得意な私でもついて行くのに一苦労。
私よりも英語が好き&得意な友人にとっても授業のレベルが高かったようで、悪戦苦闘しながらも必死に授業に参加してた。
毎日英文和訳の課題が出され毎朝提出しなければならないのはかなりしんどかった。

授業には英和辞典必須。もし忘れてしまったら「辞典を持って来ないで授業に来るとはどういう神経してるんだ!!!」
と激怒されるから朝学校に来て辞書を忘れてしまったときは他クラスに借りるか絶望するしかなかった。

分からないことがあったらとにかく辞書。とにかく辞書。

当時私とよく競って勉強していた友人と勉強するときがあって、その子が「a」を調べているのに衝撃を受けた。
私はその時「a」には大した意味はないと思ってたし、よく耳にする簡単な単語ほど辞書を使って調べるのは恥ずかしいっていう思いがあったから。
でもこのことがきっかけで「a」も調べる対象になるのか!とはっとした。

おかげで、高校以降も英文で分からない単語があったらとりあえず辞書を引いていた。
そのおかげか、大学1年生の時の教養科目の英論文読解授業ではすらすら英文読解ができたし内容の理解も深まった。


「分からなかったら些細なことでも調べる」


何を学ぶ時もこのことは忘れないようにしよう。

体調不良の記録

ここ数日神経系がおかしい気がするから念のためメモ。

 

11月10日 終日

足の親指の爪が、爪が伸びる方向と反対方向側に押し込まれるような感覚。

履きなれない靴のせいかも。

12日ごろまで続く。

 

11月10日 昼

ランチにハンバーガー、ポテト、オレンジジュースを食べたけど

オレンジジュースの味が薄く感じて飲んだ気がしなかった。

ポテトは塩気を感じなくて「無」で食べた。

 

11月12日 午前

胸の神経痛…何か月も治まっていたはずなのに急にぶりかえした。

 

11月12日 午後

頭が痛いから早めに退社。

 

11月13日 午前

人差し指がピリッと。

 

11月14日 夜

夕方にうたた寝したら宅配便来たから慌てて玄関に。

玄関からベッドに行く途中に膝ががくがくして(膝が笑うってやつ??)立っていられなくなった後足がしびれた。

右肩に神経痛。

 

11月16日 昼

背中上部に神経痛

 

22年1月22日

神経痛は時々現れるから死ぬまで付き合っていかないといけないのかも。

奇跡的にまだコロナには罹っていない。

 

22年3月某日

まさかコロナに罹るとは。